人気グループ「KAT―TUN」が17日夜、22日のCDデビューを前に異例の東京ドーム公演を行った。01年4月のグループ結成から既に5年。力をため込んできた6人は、アーティストあこがれの地での舞台をデビュー曲「Real Face」など22曲で飾った。



 冒頭から観客に「てめえら、声が小せえんだよ!」とワイルドな雄叫び。「ずっと(スタッフから)ダメ出しをくらってきた」=田中聖(20)=というジャニーズらしくない!?荒々しいスタイル全開で、シングル、アルバム、DVDを同時発売する大型デビューへの喜びを爆発させた。



 今公演を含め172回のコンサートで約147万人を動員してきており、この日もキャリアを感じさせる堂々の3時間。CDの形をイメージしてステージを360度開放型にし、5万5000人が全方向から見守った。



 アンコールでは汗だくになった亀梨和也(20)が「KAT―TUNの新しい伝説つくろうぜ!」とファンと約束。「王道ばかりは行きたくない」とも。大きな可能性を秘めたグループが最初の1歩を踏み出した。

[ 2006年03月18日付 紙面記事


    全站熱搜

    肉包子 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()